福井市の80代男性感染 発症前2週間、県外訪問歴なし

2020年8月10日 05時00分 (8月10日 05時00分更新) 会員限定
 県は九日、福井市の無職の八十代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者の累計は百五十四人となった。
 男性はこれまでに感染が判明した人との接触はないとみられ、発症前二週間に県外訪問歴もなかった。県は感染経路の調査を進めており、発症前に会った知人と親戚計八人を対象にPCR検査をする。
 男性は六日に三七度台の熱が出たが、七日には下がった。しかし八日、呼吸困難と倦怠(けんたい)感があり救急車で搬送され、検査の結果陽性と分かった。男性には基礎疾患があり、肺炎の症状で入院している。同居の妻も濃厚接触者として検査を受け、陰性と確認された。
 八日午前九時までの二十四時間に実施されたPCR検査は三十七件で、この男性以外は陰性だった。お盆期間で人の往来が増えつつある中、会見した県健康福祉部の窪田裕行部長は「身近にウイルスがあるということを意識し、手洗いや、三密を避けるなど感染予防を心掛けてもらいたい」と呼び掛けた。 (長谷川寛之)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報