帰省、おそるおそる 名古屋駅周辺ルポ 

2020年8月9日 05時00分 (8月9日 05時01分更新) 会員限定
帰省客が少なく、空席が目立つ新幹線=8日午前9時16分、JR名古屋駅で

帰省客が少なく、空席が目立つ新幹線=8日午前9時16分、JR名古屋駅で

  • 帰省客が少なく、空席が目立つ新幹線=8日午前9時16分、JR名古屋駅で
  • 名古屋土産が並ぶ売り場。例年に比べると混雑していないという=8日午前、名古屋・名駅のジェイアール名古屋高島屋で
 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、本格的なお盆休みが始まった。帰省の自粛や再検討を呼び掛ける知事も少なくなく、八日は新幹線も飛行機も空席が目立った。人々はコロナ禍のお盆をどう過ごすつもりなのか。例年なら帰省客で混雑するJR名古屋駅とその周辺で、聞いてみた。 (梶山佑、西田直晃)
 午前九時すぎの名古屋駅の新幹線下りホーム。発着する新大阪方面行きの列車は空席が多い。
 ホームの待合室にいた名古屋市北区の会社員新川隆宏さん(47)は「すいていてよかった」と話した。法事のため兵庫県内の実家に帰省するという。「感染防止のため、会食もせず、日帰りです」
 横浜市から帰省した四人家族は実家のある愛知県春日井市に向かうため、在来線ホームに向かっていた。コロナの影響で春の帰省を断念した時、小学三年の長男(8つ)が泣いた。そんな経緯もあり、今回は悩んだ末にやって来た。その長男は「(祖父母に)会えるのがうれしい。いとこと家でゴロゴロしたい」と笑った。
 改札口付近には大阪府の大学生赤井美月さん(20)の姿も。愛知県内の友人に会いに来た。「迷ったが、大阪も名古屋も状況は一緒なので」
 動く人が減って、駅周辺の...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報