「たま吉くん」くっきり 南砺・高堀に田んぼアート

2020年8月9日 05時00分 (8月9日 12時13分更新)
見ごろになったたま吉くんの田んぼアート=南砺市高堀で

見ごろになったたま吉くんの田んぼアート=南砺市高堀で

  • 見ごろになったたま吉くんの田んぼアート=南砺市高堀で
 JAとなみ野のタマネギキャラクター「たま吉くん」の田んぼアートが南砺市高堀で見ごろになり、八日朝、地元の親子連れら約七十人が観賞した。
 キャンバスの田んぼは縦十八メートル、横十メートル。赤や黒、緑、白など六色の稲で、元気いっぱいのたま吉くんが表現された。
 田んぼアートは今年九回目で、たま吉くんは三度目の挑戦だが、地元実行委員会の浦嶋健一委員長(87)は「これまでは何の絵か分かりにくかったが、今年は最高」と太鼓判を押した。
 新しくできた住宅団地の住民との交流で始め、JAの助成を受けて続けている。今年は新型コロナウイルスで例年、子どもらも参加する六月の田植えは役員だけで行ったが、観賞会にはラジオ体操を終えた子ども約二十人も参加した。 (松村裕子)

関連キーワード

PR情報