立体マスク「θ シータ」予約販売開始 みよし市に寄付も

2020年8月8日 05時00分 (8月8日 11時53分更新) 会員限定
名大などが開発した立体マスク「シータ」=みよし市役所で

名大などが開発した立体マスク「シータ」=みよし市役所で

  • 名大などが開発した立体マスク「シータ」=みよし市役所で
 名古屋大と同大発のベンチャー「フレンドマイクローブ」、三井化学(東京)は共同開発した再利用できる立体マスク「θ(シータ)」を完成させた。7日にインターネットのクラウドファンディングサイト「Makuake」で先行予約販売を始めた。
 生分解性プラスチックでできた本体は洗浄が可能。使い捨ての不織布フィルターを交換して約1年間使える。不織布の使用量は一般的なマスクの約10分の1と環境に配慮した。立体構造でマスクが顔に触れる面積が小さいため、装着時のストレスが軽減される。外す時には首から掛けられるようになっている。
 名大の堀克敏教授(生物工学)は「マスクは新しい生活様式の一つになっているが、機能が担保されないと意味がない。感染の抑制に寄与したい」と話した。
 堀教授らは7日、このマスクについて問い合わせたみよし市役所を訪れ、シータ50個を寄付した。市内小中学校の養護教諭や保健センターの保健師が使った感想を踏まえ、改良を進めるという。 (生津千里)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧