戦没者追悼式、19府県欠席 コロナ影響、参列者最少に

2020年8月8日 05時00分 (8月8日 05時01分更新) 会員限定
 厚生労働省は七日、戦後七十五年となる今年八月十五日の全国戦没者追悼式の詳細を発表した。新型コロナウイルスを理由として、十九府県の遺族が欠席する。一九六三年に追悼式を開始して以来、遺族や来賓などの参列者は過去最少の約六百人となる見込み。昨年の参列者は約六千二百人だった。同省は参列できない人のためにインターネット中継を初めて実施する。
 厚労省によると、追悼式は東京都千代田区の日本武道館で開催。七日時点で、遺族は二百七十四人、付き添いは百十九人が参列する予定。天皇、皇后両陛下が出席されるほか、安倍晋三首相や衆参両院議長ら約二百人が参列する。
 会場では新型コロナ対策として、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報