女性向け美容誌に刷新 コロナ禍で休刊「Favo金沢版」

2020年8月8日 05時00分 (8月8日 10時03分更新)
女性向けの新たな美容情報誌「Favo Rit.」を紹介する中谷幸菜さん=石川県小松市で

女性向けの新たな美容情報誌「Favo Rit.」を紹介する中谷幸菜さん=石川県小松市で

  • 女性向けの新たな美容情報誌「Favo Rit.」を紹介する中谷幸菜さん=石川県小松市で

競合誌と別ジャンル 20代後半〜40代対象


 新型コロナウイルス禍で休刊したフリーペーパーのグルメ情報誌「Favo(ファーボ)金沢版」が、女性向け美容雑誌としてリニューアルした。広告収入の減少などで事業環境が厳しくなる中、競合誌とは別のジャンルで読者層を開拓し、生き残りを図る。発行元のストアインク(金沢市)法人事業部の中谷幸菜さん(31)は「地域密着の情報をこれからも届けたい」と話す。(長屋文太)
 新しい雑誌名は「Favo Rit.(リット)」。「だんだん緩やかに」という意味がある音楽の速度記号「ritardando(リタルダンド)」の省略形に由来する。テーマは「スローな自分時間の提案」で、仕事や家事、子育てに追われる女性向けに地域の美容や生活情報を発信する。これまでのA4判より一回り大きいタブロイド判で、発行は隔月5万部。高級感ある上質紙を使う。
 7月31日発行の創刊号(8・9月号)はオールカラー全20ページ。「痩(や)せる、ととのえる」と銘打った特集を組み、エステやヨガスタジオ、健康的な食事を提供する飲食店、寝具やハーブ店など金沢市を中心に石川県野々市、かほく、白山市や内灘町などの85店を紹介。インタビュー記事なども充実させた。
 従来のファーボは地域の飲食店やイベント紹介で人気を集めた月刊誌。2003年に南加賀版が刊行され、06年に金沢版、08年に富山版が続いた。休刊前は計34万部あった。
 ただ、インターネットでの広告に注力する飲食店が増え、頼みの広告収入は伸び悩んでいた。追い打ちを掛けたのが新型コロナ。外出自粛の動きが広がり、飲食店は軒並み休業。4月下旬に5月号を出してから1カ月余り、休刊を余儀なくされた。
 特に、月12万部発行していた金沢版は、競合するグルメ情報誌が多く、休刊前から検討していた紙面の見直しが必要と判断。美容に特化したフリーペーパーがないことに着目し「美容、健康を意識した生活」に興味がある20代後半から40代の女性を新たなターゲットに定めた。
 中谷さんは「休刊中、良いものを出そうと社員で話し合い、思いを込めて作った」と明かす。リットは金沢、野々市、白山市などのファミリーマートやクスリのアオキ、イオンなど大型商業施設で手に入る。
 南加賀版と富山版は7月下旬に発行を再開した。雑誌と併せて飲食店を取り上げてきた既存のウェブマガジンも刷新し、巻き返しを狙う。

関連キーワード

PR情報

北陸経済ニュースの最新ニュース

記事一覧