本文へ移動

『80打席無安打男』のバットが中日打線に火を付けた!先発・大野雄大が先制打!2回に一挙4点

2020年8月7日 19時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発した中日の大野雄大。2回に自らのバットで先制点を生み出した

先発した中日の大野雄大。2回に自らのバットで先制点を生み出した

◇7日 中日-巨人(ナゴヤドーム)
 7日の巨人戦(ナゴヤドーム)に先発した中日の大野雄大投手(31)が、自らのバットで先制点を生み出した。
 0―0で迎えた2回、2死一、二塁で先発・田口の低めの直球をきれいに中前へはじき返した。二塁走者の木下拓が一気にホームへ帰り、昨年7月23日以来の打点を記録。送球がそれる間に自身も二塁まで進み、その後の京田、大島の連続適時打での一挙4得点の流れをつくった。
 昨季は2017年3月31日から80打席連続無安打の不名誉な記録をつくった左腕。8月に入って5試合で5得点の打撃陣を奮い立たせる一打となった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ