大島が4試合ぶりマルチ安打もゼロ敗に言葉少な

2020年8月7日 12時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回表無死、大島が右前打を放つ

4回表無死、大島が右前打を放つ

  • 4回表無死、大島が右前打を放つ

◇6日 DeNA3ー0中日(横浜)


 大島が3安打した1日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)以来、4試合ぶりのマルチ安打をマークした。1回1死の第1打席はフルカウントからの9球目を中前に運び、先頭で迎えた4回の第2打席は1ボールから右前打。打てる球を確実に捉えた結果だった。
 それでもチームが零封負けを喫しただけに試合後は言葉少な。「続けていけるように頑張ります」と話し、球場を後にした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ