老舗の土産をクラウドサイトで 自慢の品詰め合わせ販売

2020年8月7日 05時00分 (8月7日 12時06分更新) 会員限定
コロナ禍で苦しむ名古屋の観光業の支援に取り組む山本屋総本家の町田社長=中日新聞社で

コロナ禍で苦しむ名古屋の観光業の支援に取り組む山本屋総本家の町田社長=中日新聞社で

  • コロナ禍で苦しむ名古屋の観光業の支援に取り組む山本屋総本家の町田社長=中日新聞社で
 名古屋地区の老舗の土産メーカー五社が、自慢の品を詰め合わせた土産品セットを商品化し、五日からインターネットのクラウドファンディング(CF)サイトを通じて販売を始めた。売り上げの一部は県の「ふるさとあいち応援寄付金」に寄付し、コロナ禍で打撃を受けている地元観光業の支援に役立ててもらう。十七日までで、土産品がなくなり次第終了する。
 五社は青柳総本家(名古屋市)、ナカモ(清須市)、なごやきしめん亭(一宮市)、妙香園(名古屋市)、山本屋総本家(同)。
 感染拡大で観光客の足が遠のき、各社とも売り上げは激減。逆境が続く中、「地元と歩んできた土産メーカーだからこそ地域を支えたい」との思いで一致し、「ナゴヤ戦隊みやげんじゃー実行委員会」を立ち上げた。それぞれ人気の土産品を持ち寄り、CFサービス「Makuake(マクアケ)」を活用することにした。
 販売するのは、ういろう(二種類)、みそ、きしめん(三人前)、ほうじ茶(五百ミリリットル)・ほうじ茶入りくず湯(六袋)、どて煮(二百グラム)のセット。五百セット限りで先着百セットまでは四千二百円(税、送料込み)、その後は四千五百円(同)。
 販売初日に実行委を代...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧