【三重】県内新規感染者10人 三重大クラスターは23人

2020年8月7日 05時00分 (8月7日 11時58分更新) 会員限定
 県内で六日、新たに十歳未満から六十代の男女十人の新型コロナウイルスへの感染が明らかになった。うち四人は県外への外出はしておらず、県は感染経路を調べている。三重大医学部クラスター(感染者集団)関連では、新たに津市在住の十代の女子学生の感染が分かった。
 感染経路が分かっていないのは、四日市市と鈴鹿市の二十代男女、津市の三十代女性と桑名市の五十代女性。いずれも県外での行動歴はなく近所で友人や同僚と食事をしたり、買い物に行ったりする程度という。
 同大医学部の女子学生は、既に感染が判明した女子学生と同じグループで実習をしていた。この実習には、感染者が相次いでいる和歌山県への旅行に参加した別の女子学生も別のグループで参加していた。
 同大医学部のクラスターは計二十三人となった。県は同日までに感染者との接触を確認した家族や友人ら百三十一人のうち、八十八人の検査を終えたが、接触者は今後も増える見込み。
 四日市市では、四日に感染が発表されたパート従業員の四十代女性の息子の感染が判明。息子が通う県内の高校では、感染は広がっていないとみられる。(斉藤和音、磯部愛)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

三重の最新ニュース

記事一覧