<コロナの断面>お盆の客足懸念 愛知緊急宣言で飲食・観光業界は

2020年8月7日 05時00分 (8月7日 05時01分更新) 会員限定
お盆を前にしても普段より閑散とする中部国際空港=愛知県常滑市で

お盆を前にしても普段より閑散とする中部国際空港=愛知県常滑市で

  • お盆を前にしても普段より閑散とする中部国際空港=愛知県常滑市で
 新型コロナウイルスの感染急拡大を受けた愛知県独自の緊急事態宣言が六日に出されたことを受け、名古屋市内のホテルでは大人数での会食のキャンセルが相次いだ。本来ならば書き入れ時のお盆の時期に、不要不急の行動自粛が求められることになり、百貨店やテーマパークの関係者も来客への影響を心配する。 (小西数紀、中山梓、成田嵩憲)
 「五人以上の会食のキャンセルが増えた」。ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋の担当者は嘆く。緊急事態宣言は五、六人以上の会食自粛を求める。宣言が報道された五日からキャンセルが増えたという。名古屋マリオットアソシアホテルでも、五人以上での会食のキャンセルが出始めたという。
 宣言では、不要不急の行動や県をまたぐ移動の自粛も要請。日本航空は「まだキャンセルの動きはないが今後影響が出るのは間違いない」と予約状況を注視。名古屋市港区のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」は従来通り営業を予定するが「来園者数にも影響があるのでは」と心配する。
 名古屋市内の百貨店も売り上げへの影響を懸念。ジェイアール名古屋高島屋は「帰省の土産購入で客数が伸びる時期だが、例年よりは減るのでは」と話す...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報