本文へ移動

36歳大激走!ヤクルト・井野が勝利呼び込むプロ初の三塁打「必死に走りました!三塁、遠かった」

2020年8月6日 22時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
水をかけようとしたがやめて自らかぶる古賀に笑顔を見せるヤクルト・井野。左は山崎

水をかけようとしたがやめて自らかぶる古賀に笑顔を見せるヤクルト・井野。左は山崎

◇6日 ヤクルト9―5広島(神宮)
 プロ15年目の36歳。ヤクルトのベテラン・井野卓捕手が価値ある勝利を呼び込んだ。同点に追い付かれた直後の7回に先頭でプロ初の三塁打をマーク。激走したチャンスメークから3点を奪って勝ち越した。8回にはダメ押しのスクイズを見事成功。引き分けを1つ挟む連敗を4で止めた勝利に大貢献した。
 お立ち台では「あんまり何も考えずに必死に走りました。三塁、遠かったです」と場内の笑いを誘った。スタメン捕手・西田に代わり、3回の代走から出場。その後から捕手を務めたヒーローは「5点リードで守備に入ったので、絶対に負けられないと思っていた。何とかなってよかった」と相好を崩した。
 中村&嶋の主力捕手は戦列離脱中。楽天、巨人を経て通算134試合出場の井野は「いつでも名前を呼ばれたら出られるように、体も心もしっかり準備している。チームが勝てば僕はいい」と力を込める。高津監督は「スーパーサブで、常にゲームに出ていなくてもすごく大きな存在」と縁の下の力持ちに最敬礼だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ