本文へ移動

新公共交通で朝日町、スズキ、博報堂連携 町中へ同乗しましょ マイカー活用目標 3段階の実証実験

2020年8月7日 05時00分 (8月7日 05時03分更新)
ノッカルあさひまち実証実験開始を喜ぶ左から鈴木彰人社長、笹原靖直町長、津田慎治局長=朝日町役場で

ノッカルあさひまち実証実験開始を喜ぶ左から鈴木彰人社長、笹原靖直町長、津田慎治局長=朝日町役場で


 朝日町は、大手自動車メーカーのスズキ(浜松市)と広告代理店の博報堂(東京都港区)と連携し、町中心部から離れた地区に住む高齢者らを、住民が自分の用事で自家用車を利用する際に同乗させて町中心部へ運ぶ新しい地域公共交通システム「ノッカルあさひまち」の実証実験をしている。実証実験は本年度末まで続け、2021年度の本格運用を目指す。(松本芳孝)
 町が運行主体となり、スズキは実験に使う軽乗用車三台を無償貸与。博報堂がシステム設計などをした。三者は一九年秋ごろから、町民の移動課題解決について協議を始め、今春、連携協定を結んでいた。実証実験は三日から始めた。
 ドライバーとなる住民は、自らの運転予定を登録。利用者は都合の良いドライバーを見つけて予約し、町コミュニティバスのバス停でドライバーを待つ。予約は電話かウェブサイトでできる。予約などの管理は町唯一のタクシー会社黒東自動車商会が請け負う。
 実験は三段階あり、第一段階は九月までで、町職員がスズキ貸与の車を運転し、利用者を運ぶ。第二段階は年末までで、役場職員の他、有償ボランティアとなる公募ドライバーが自家用車で参加する。年内は利用者が無料で乗車できる。来年一〜三月の第三段階では利用者が有料で利用する。利用料金はコミュニティバスとタクシーの中間程度になる見込みという。
 町などによると、利用は各地区から町中心部への片道を想定し、供給が多いドライバーの通勤などを活用する。帰路はコミュニティバスやタクシーを利用してもらう。
 六日、町役場で運行記念セレモニーがあった。笹原靖直町長、スズキ自販富山の鈴木彰人社長、博報堂第五ビジネスデザイン局の津田慎治局長らが、スズキ車の前でテープカットをし、出発を見送った。
 笹原町長は「公共交通を充足させ、人の移動を促すことでにぎわい創出や高齢者福祉、移住定住促進につなげたい」と話した。
 実証実験は国土交通省の本年度「日本版MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス、次世代移動サービス)推進・支援事業」に採択された。

関連キーワード

おすすめ情報