本文へ移動

日本ハム・中田翔 チームに勇気与える10打席ぶりの一打「気持ちで打った」2点適時二塁打

2020年8月6日 20時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハムの中田翔

日本ハムの中田翔

◇6日 日本ハム-西武(札幌ドーム)
 チームに勇気を与える一打がいきなり飛び出した。1回、日本ハムに訪れた1死一、二塁のチャンス。4番の中田翔内野手(31)が西武の先発・与座が投じた初球のスライダーを軽く振り抜いた。打球はライナーで左翼フェンス上段を直撃。相手の出はなをくじく2点適時二塁打だ。
 「気持ちで打った結果、何とかフェンスまで届いてくれてよかった」。中田は10打席ぶりの安打を謙遜気味に振り返ったが、得点以外にも他の打者に安心感を与える一打となった。5番の大田も左翼線へ適時二塁打を放ち一挙3点を先制した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ