本文へ移動

ヤクルト・青木が初回先制の中前適時打「先に点を取ることを考えて打席に入りました」

2020年8月6日 19時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回裏1死二塁、青木が中前に先制打を放つ

1回裏1死二塁、青木が中前に先制打を放つ

 ◇6日 ヤクルト―広島(神宮)
 ヤクルト・青木宣親外野手(38)が初回に先制打を放った。1死二塁で広島先発のK・ジョンソンから中前適時打。先頭・坂口が中前打で口火を切り、続く塩見の犠打で迎えたチャンスでツーシームを弾いた。
 試合前の打率は3割2分5厘と高アベレージだが、打点をマークしたのは7月25日の巨人戦(神宮)以来、9試合ぶり。青木は「(4)連敗中なので先手先手でとにかく、先に点を取ることを考えて打席に入りました。先制することができてよかったです」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ