淳の夢は「ロンドンブーツ」を複数号に

2020年8月6日 15時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
遺書動画サービスについてのオンライン会見を行う田村淳

遺書動画サービスについてのオンライン会見を行う田村淳

  • 遺書動画サービスについてのオンライン会見を行う田村淳
 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(46)が6日、自身がCEOを務める株式会社itakotoの遺書動画サービス「ITAKOTO」のオンライン記者発表会を行った。
 淳が「この世から心残りをなくしたい」という思いから発案した同サービスは、スマートフォンで撮影した遺書の動画をURLに変換し、送りたい相手へメールで届けることができるというもの。法的拘束力はないが、スマホで撮影することで、自分の現状や大切にしていることにも改めて気付くことができる。
 現時点で「人生に心残りだらけ。このサービスが大きく羽ばたいていくのを見たいし、娘の成長も見守りたい」と語った淳は「『ロンドンブーツ1号2号』という名前なんですけど、これを複数号にしたいという夢がありまして。まだかなえられていないので、生きている間にチャレンジしたいと思います」と夢を語り、画面の向こうの取材陣にも「オーディションはありますが、もしよかったら、何号かになってみませんか?」と呼び掛けていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ