【長野】3人が新規感染 県内累計125人

2020年8月6日 05時00分 (8月6日 11時47分更新) 会員限定
 県内では五日、南箕輪村の六十代の自営業男性、中野市の八十代の自営業男性、山ノ内町の二十代男性会社員の新型コロナウイルス感染が判明し、感染者数は百二十五人(うち退院は九十人)になった。
 南箕輪村の男性は、同居の息子の感染が七月下旬に確認されていた。濃厚接触者として二十七日に検査を受けた際は陰性とされたが、その後、喉の痛みやせきの症状が出たため、県伊那保健所に相談。今月四日に陽性と判明した。
 中野市の男性は、二日に感染が判明した市内の六十代男性が勤務する介護施設を利用。四日の検査で陽性とされた。県はそれまでに施設の利用者や職員を検査し、全員の陰性が確認されたとしていたが、再検査も検討する。
 山ノ内町の男性は七月二十七日以降、せきや味覚障害などの症状が現れ、三十日に県北信保健所に相談。受診した医療機関の医師の判断で検査を受けていなかったが、今月四日、あらためて医療機関で検査を受けたところ、陽性と判明した。感染経路は現時点で特定されていない。
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧