食中毒警報を豊田市が発令

2020年8月6日 05時00分 (8月6日 11時20分更新) 会員限定

 豊田市は五日、今年初となる食中毒警報を発令した。五日午前八時半〜午後七時半ごろ、継続して気温が三〇度以上になると予測されたため。市ホームページなどを利用して、生ものを避けることや、食品を常温で放置しないといった注意を呼び掛ける。
 警報は七日午前十一時までが対象。三〇度以上の気温が十時間以上継続すると予想される場合などに発令され、昨年は七月末から九月上旬までに三回あった。
 市保健衛生課によると、今年は五月に一人が食中毒を発症し、軽症だった。 
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧