坂井市宿泊促す  キャッシュレス決済  ギフトカード贈呈へ

2020年8月6日 05時00分 (8月6日 09時57分更新)
宿泊施設を対象に導入される500円相当のPayPayギフトカード

宿泊施設を対象に導入される500円相当のPayPayギフトカード

  • 宿泊施設を対象に導入される500円相当のPayPayギフトカード

 地元の宿泊施設の利用を促そうと、坂井市観光連盟は八日から、PayPay(ペイペイ)ギフトカードプレゼントキャンペーンを実施する。
 新型コロナウイルス感染症の影響を受けている宿泊施設を支援するとともに、感染につながりかねない現金の受け渡しによる人同士の接触を減らすのが狙い。
 利用の対象は、民宿や旅館、キャンプ場、ホテルなど市内の指定宿泊施設二十二施設。キャッシュレス決済サービス「PayPay」で料金を支払うと、五千円ごとに五百円相当のPayPayギフトカードをもらえる。カードの番号を入力するかQRコードを読み込むと、五百円相当のボーナスがpaypayアプリにチャージされる。カードからのチャージは来年一月二十日までで、ボーナスは全国どこででも使える。
 ギフトカードは全部で二千枚。各指定宿泊施設ごとにカードの配布枚数が設定されている。利用できるのは一PayPayアカウントあたり十枚までで、超過分を家族や友人、知人に譲ることもできる。(問)坂井市観光連盟=0776(43)0753 (松田士郎)

関連キーワード

PR情報