J1名古屋・マテウスが2得点に絡む大暴れ…フィッカ監督「ものすごいレベルのプレーだった」と絶賛

2020年8月5日 23時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
後半、2点目のゴールを決める名古屋・マテウス

後半、2点目のゴールを決める名古屋・マテウス

  • 後半、2点目のゴールを決める名古屋・マテウス

◇5日 ルヴァン杯グループステージA組第2節 名古屋3-0清水(アイスタ)


 猛然と、そして巧みにゴールへ襲いかかった。1点リードの後半9分、名古屋グランパスのFWマテウス(25)はFW山崎のパスで駆け出すと、相手GKとの1対1に。ペナルティーエリア付近から左足で柔らかに繰り出したループシュートは手を伸ばしたGKのはるか上を通過し、ゴールに吸い込まれた。
 鋭い出足と冷静な判断が詰まった技ありゴールにも、マテウスは「ヤマ(山崎)が本当にいいパスを出してくれたからね。GKが出てきたのでループシュートを選んだんだ」と涼しい顔。ルヴァン杯では2月16日の鹿島戦(パロマ瑞穂)に続く一撃だった。
 前半ロスタイムにはゴール正面から鋭いFKを蹴り、DF丸山の先制点を援護。前試合から中3日、出場85分間で2得点に絡む大暴れに、フィッカデンティ監督も「FKは素晴らしかったし、ものすごいレベルのプレーだった」と舌を巻いた。
 カップ戦は6カ月ぶり。再開までには新型コロナウイルスの影響もあって“巣ごもり”期間もあった。幼少期は室内でボールを蹴って花びんを壊すなどやんちゃだったが、今季は技術を落とさないよう調整。リスタートの一戦で、広々としたピッチで存在感を示した。
 12日の最終戦は引き分け以上でグループリーグ突破が決まるが、その前に、8日のリーグ第9節・浦和戦(豊田ス)が迫る。快勝の勢いにも乗って、マテウスは次戦でもピッチを駆け回る。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ