オクシズ・大井川水系 心癒やす名湯御朱印巡り

2020年8月6日 05時00分 (8月6日 12時45分更新)
キャンペーンに合わせて作られた全て絵柄が異なる11施設の「名湯御朱印」と台紙

キャンペーンに合わせて作られた全て絵柄が異なる11施設の「名湯御朱印」と台紙

  • キャンペーンに合わせて作られた全て絵柄が異なる11施設の「名湯御朱印」と台紙
 県中部の五市二町は、御朱印集めの要領で十一の温泉施設を回り、特製の入湯記念シールを集めるキャンペーン「オクシズ・大井川水系 名湯御朱印巡り」を始めた。参加費無料(各施設の入浴料のみ)で、再来年三月末まで。 (五十幡将之)
 夏休みに合わせてコロナ禍に苦しむ地元の魅力的な温泉を周遊してもらおうと、川根温泉ふれあいの泉(島田市)が発案。各施設で名称や付近の観光名所を描いた独自デザインの御朱印風「名湯御朱印」を用意し、全て集めると先着千百人まで記念タオルがもらえる。
 静岡市営の梅ケ島新田温泉浴場「黄金の湯」など「オクシズ市営温泉」と呼ばれる五施設のほか、焼津市の黒潮温泉「サンライフ焼津」、島田市など三市一町の温泉が加わる「大井川水系名湯倶楽部」の五施設が参加。オクシズ関連の三施設とそれ以外の三施設の六施設を達成すると一施設無料券が贈呈される。
 御朱印帳代わりの特製台紙は、各施設で無料配布する。発案した川根温泉の原田啓二支配人(63)は「全国の温泉と比べて中部は情報発信力が課題と感じていた。なかなか遠出ができない今こそ、近場の温泉を巡って豊かな泉質を楽しんでほしい」と話した。
【その他の対象施設】
 ▽口坂本温泉浴場、湯ノ島温泉浴場、清水西里温泉浴場「やませみの湯」、南アルプス赤石温泉白樺荘(静岡市)寸又峡温泉「翠紅苑」(川根本町)田代の郷温泉「伊太和里の湯」(島田市)瀬戸谷温泉「ゆらく」(藤枝市)さがら子生れ温泉会館(牧之原市)
PR情報