本文へ移動

ヒマワリ3000本 夏を照らす、平谷で見頃

2020年8月5日 05時00分 (8月5日 11時58分更新)
鮮やかな黄色の花が見頃を迎えたヒマワリ=平谷村で

鮮やかな黄色の花が見頃を迎えたヒマワリ=平谷村で

 平谷村のシンボルとして村内各地に植えられているヒマワリが見頃を迎え、地域の風景に夏らしい彩りを添えている。
 遊休農地の活用として植栽が進み、現在、ハイブリッドサンフラワーという品種を主として約三千本が村内に植えられている。役場裏にある「ひまわり畑」や道の駅「信州平谷」前を通る国道沿いなどでは、目の覚めるような黄色の花が観光客の目を楽しませている。
 村によると、今年は長雨の影響で背丈が例年より二十〜三十センチほど低く、花も小さいという。
 キャンプ帰りに、家族と訪れた名古屋市の小学校三年水野そあさん(8つ)は「大きくて黄色の花を付けるひまわりが大好き。温かい気持ちになる」と少し照れながら話した。見頃は今週末まで。(二神花帆)

関連キーワード

おすすめ情報