立川志らくは「陰性」大事取って番組欠席も“ナゼ芸能人やスポーツ選手がPCR検査を受けられるのか”は「きっちり話をすべきですね」

2020年8月5日 11時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
立川志らく

立川志らく

  • 立川志らく
 落語家の立川志らく(56)が5日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陰性だったことを報告した。前日4日に37・5度の発熱とだるさで自身がMCを務めるTBS系「グッとラック!」を欠席していたが、大事を取ってこの日も欠席した。
 ツイッターで志らくは「PCR検査とCTの検査を受けまして運良く陰性でした。本日は念のため、グッとラック、ひるおびはお休みさせて頂きます。グッとラックは代わりに私の等身大の人形がお相手します。皆様にご心配をおかけしました。」とつづった。
 その後、番組ではPCR検査を拡充すべきかという特集が組まれたが、番組中の午前9時前に志らくがツイッターで投稿。「何故私を含めた芸能人やスポーツ選手がいち早くPCR検査を受けられるのか。それについてはきっちり話をすべきですね。私なりの理由はありますが、そこのところは番組に復帰した際、専門家の先生に話を伺いながらお話しさせて頂きます。」と記した。
 志らくは3日の番組を終えて帰宅後に発熱とだるさを訴えると、すぐにPCR検査を受けて陰性だったが、フォロワーからは「陰性でよかった」という書き込みの他に「一般市民はとても知りたい内容ですね」「常々疑問に思っていました」といった志らくの説明を待ち望む書き込みもあった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ