ものづくりでコラボ、大同大の学生と安城の企業 大学グッズ完成

2020年6月16日 16時00分 (6月16日 16時14分更新) 会員限定
傘の持ち手を机の上に固定するための傘ストッパーの仕様イメージ(アンジョウハーツ提供)

傘の持ち手を机の上に固定するための傘ストッパーの仕様イメージ(アンジョウハーツ提供)

  • 傘の持ち手を机の上に固定するための傘ストッパーの仕様イメージ(アンジョウハーツ提供)
  • 学生が開発したブックストッパー、傘ストッパーの完成品や試作品。上部は素材として使ったリサイクル材
  • PRグッズについて、ビデオ会議で学生と打ち合わせる岡田心准教授(左から2人目)、荒川さくらさん(同3人目)ら=愛知県安城市東端町で
 大同大(名古屋市南区)情報学部情報デザイン学科の学生らが愛知県安城市の企業と連携し、大学のPRグッズを開発した。デザインと実用性の両立に悩みながら「生活の役に立つ物を」と、ブックストッパーと傘ストッパーを製作。学生らは今後も新製品の開発に取り組む予定で、企業側はデザインを変更した市販品の商品化につなげたい考えだ。 (四方さつき)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報