本文へ移動

浴衣姿で涼やか街歩き 七尾 山原着付学院が講習会

2022年7月4日 05時05分 (7月4日 10時36分更新)
涼やかな浴衣姿で市内を歩く参加者たち=七尾市馬出町で

涼やかな浴衣姿で市内を歩く参加者たち=七尾市馬出町で

 七尾市藤橋町の「山原昌娃(まさえ)きもの着付学院」は三日、同市馬出町の寄り合い処みそぎで浴衣の着付無料講習会を開き、涼やかな浴衣姿で一本杉通りから仙対橋までの街歩きを楽しんだ。
 同学院が参加する全国和装学院連絡会が開く企画の一環。地元や金沢市などから約五十人が参加し、山原昌娃さんから基本の帯結びなど二種類の結び方を教わり、一人で挑戦。山原さんは「特別な帯でなくてもいろいろなアレンジが楽しめる。ぜひ浴衣を着てお出かけしてください」とすすめた。
 街歩きには、茶谷義隆市長も参加。晴れ間に涼やかな浴衣姿の一行が一本杉通りをにぎわせた。茶谷市長が山原さんに和装での街歩きを提案し、昨年十一月も着物で参加。今回は今年新調した浴衣を着用し、「浴衣や着物で街を歩くようなにぎわいを作っていきたい」と語った。参加した多村美絵さん(37)は「着付けは初めてで難しかったがこれから学んでいきたい」と意気込んだ。(大野沙羅)

関連キーワード

おすすめ情報