本文へ移動

<食問>家で缶ビールをおいしく飲むには?

2022年5月11日 12時15分 (5月11日 12時41分更新)

一度注ぎはグラスを傾けて入れ始め、徐々に立てていく

<Q>自宅で缶ビールをおいしく飲むために、気を付けることはありますか。
<A>刺激せず保管 冷やしすぎない
 初夏を迎え、ビールがおいしい季節です。家飲みの機会も増えたので、自宅でもおいしく飲みたいですよね。クラフトビール「よなよなエール」などを製造販売するヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)の広報担当・渡部翔一さん(29)は「冷やし方や注(つ)ぎ方など、ポイントを押さえると、よりおいしく味わえますよ」と話します。
 外で買ってきたビールをすぐ開けて飲みたくなる人はちょっと待って! 「その日はできれば飲まない方がいいです。運ぶ間に温度が上がるのと、振動の影響で炭酸ガス(二酸化炭素)が暴れているので、開けた時に泡が噴き出しますし、せっかくの香気成分を逃すことになります」。状態を落ち着かせるため、一日ほど冷蔵庫に入れるとよいそうです。
 飲むのに最適とされる温度はビールの種類や季節で異なります。大手の主力製品で、喉越しの良さと爽快さが特徴のラガーは今の時季だと五〜七度くらい。ヤッホー社が製造しているエールは芳醇(ほうじゅん)で濃厚な味わいが特徴で、一〇度ぐらいが目安です。冷やしすぎにも注意。「キ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報