本文へ移動

出雲線の就航祝い 静岡空港で式典

2018年3月26日 02時00分 (5月27日 05時25分更新)

テープカットで出雲線の新規就航を祝う参加者たち=静岡空港で

 静岡空港と出雲空港(島根県)を結ぶ定期便が二十五日就航し、静岡空港ターミナルビルで記念式典があった。
 出雲線を運航するフジドリームエアラインズ(FDA、静岡市清水区)の三輪徳泰社長や静岡の難波喬司副知事、島根の藤原孝行副知事らが参加。三輪社長は「地方間を結ぶという目標に向かって、安全運航に一層努めたい」とあいさつし、難波副知事は「交流がますます盛んになれば」と期待を寄せた。
 国内線到着ロビーでは、空港周辺市町のゆるキャラが集まり、第一便に乗ってきた搭乗客を出迎えた。
 出雲線は毎日一往復で、午後二時半に出雲を出発し、三時四十分に静岡に到着。折り返し四時十五分に静岡を出発し、五時三十五分に出雲に到着する。
(佐野周平)

関連キーワード

PR情報