本文へ移動

憧れダイヤモンド、女子主将は輝いた 高校野球三重大会初出場の徳風高

2021年7月6日 16時00分 (7月6日 16時00分更新)
練習試合で安打を放つ境田茜主将=三重県伊賀市の桜丘高で

練習試合で安打を放つ境田茜主将=三重県伊賀市の桜丘高で

  • 練習試合で安打を放つ境田茜主将=三重県伊賀市の桜丘高で
  • 練習試合を終えあいさつする徳風高ナイン。右端は境田主将=三重県伊賀市の桜丘高で
 三重県亀山市の徳風高校が、十日に開幕する夏の全国高校野球選手権大会三重大会に初出場する。二〇二〇年春の野球部創設以来、チームを支えてきたのは三年生の女子部員で主将の境田茜さん(18)。女子選手の出場を認めない日本高野連の規定で大会でのプレーはかなわないが、スタンドからチームメートの活躍を見守る。 (鎌倉優太)
 六月二十五日、同県伊賀市で、同校野球部にとって初めての練習試合があった。境田さんは四番、ファーストで出場。格上の桜丘高校(同市)を相手に、境田さんは人一倍、声を張り上げて仲間を鼓舞し、打席では右前打を放つ活躍を見せた。チームは大敗したが「試合ができただけでもうれしかった」と汗をぬぐった。
 徳風高校は、現監督の神谷卓敬(たかひろ)教諭(32)が一九年春に赴任したのを機に軟式野球部を創部した。野球好きの親戚の影響で小学、中学時代はソフトボールに汗を流した境田さん。入部当初は十人ほどが集まったが、秋ごろまでに徐々に退部が相次ぎ、境田さんと男子部員の乙部龍希(りゅうき)さん(17)、マネジャーの我妻花緒梨(あづまかおり)さん(18)の三人が残った。
 「いっそ、より本格的な硬式野球部とし...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報