本文へ移動

宇野昌磨、世界国別対抗戦へ「スタート」と抱負「シーズン初戦の気持ちで」

2021年4月6日 00時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界国別対抗戦に向けた抱負を示す宇野昌磨(テレビ朝日提供)

世界国別対抗戦に向けた抱負を示す宇野昌磨(テレビ朝日提供)

 15日開幕のフィギュアスケートの世界国別対抗戦(大阪・丸善インテックアリーナ大阪)に出場する男子で2018年平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(23)=トヨタ自動車、中京大=が5日、3大会連続出場の大会に向け、「スタート」と抱負を示した。
 3月27日までの世界選手権(スウェーデン・ストックホルム)で4位だった宇野は新型コロナウイルスの感染防止対策により、スウェーデンからの帰国後の隔離期間に入っている。しかし、今回の大会については「また一歩先に踏み出したいと思いました」と心中にある思いを吐露した。
 その上で、宇野は「スタート」という言葉を選んだ理由も説明。「(世界)国別対抗戦がシーズン初戦の気持ちで、ここからまた始まる第一歩、『スタート』という気持ちを込めてこの言葉にしました」と説明した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ