本文へ移動

ミャンマー弾圧、114人死亡 国軍記念日、デモに銃撃

2021年3月28日 05時00分 (3月28日 05時01分更新)
27日、ミャンマー・マンダレーで、国軍への抗議デモに参加し負傷した人=ゲッティ・共同

27日、ミャンマー・マンダレーで、国軍への抗議デモに参加し負傷した人=ゲッティ・共同

 【バンコク=岩崎健太朗】ミャンマーの首都ネピドーで二十七日、国軍記念日の式典が開かれ、ミン・アウン・フライン総司令官は「国の安定のために力を尽くしている」とクーデターの正当性をあらためて強調した。オンラインメディア「ミャンマー・ナウ」によると、この日は抗議デモに参加した市民らへの国軍銃撃などで、七歳や十歳の子どもなど百十四人が死亡。一日の死者数としては過去最悪となった。
 国軍記念日はスー・チー氏の父アウン・サン将軍らが、日本の占領下の一九四五年に蜂起した日が起源。国軍は前夜、国営放送を通じ「規則に反すれば、背後から頭を撃たれる危険があると学ぶべきだ」と、デモに参加すれば射殺すると警告していた。ヤンゴンやマンダレーで多くの死傷者がでたもようで、マンダレーの自宅にいた十三歳の少女は至近距離から胸を撃たれたという。人権団体によると、二十六日時点で確認できた限りの死者は計三百二十八人。

「射殺警告」冷徹に遂行

 【ヤンゴン=共同】立ち上がる黒煙、泣き叫ぶ遺族−。ミャンマーで国軍記念日を迎えた二十七日、下火だった反軍政デモが再び各地で行われ、治安部隊は容赦なく市民に銃口を向けた。銃声が響き渡り、ま...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

朝夕刊の新着

記事一覧