本文へ移動

ブラジャーの製造技術を応用、マスク生活快適に 彦根の女性下着メーカー

2021年2月27日 05時00分 (2月28日 16時07分更新)
マスクの下に着けることで不快感を減らせる=彦根市役所で

マスクの下に着けることで不快感を減らせる=彦根市役所で

  • マスクの下に着けることで不快感を減らせる=彦根市役所で
  • 下着の製造技術を応用したマスクフレームを紹介する佐野マネジャー(右)=彦根市役所で
 新型コロナウイルスの流行により生活に不可欠となったマスクだが、装着時には蒸れや息苦しさなどの不快感を覚えることも。そんな悩みを解消しようと、彦根市元町の女性用下着メーカー「サンライズファッション」が昨年九月から販売しているマスクフレーム「亀助(かめすけ)」が好評だ。長年培ってきた下着の成形、縫製技術を応用して作られた製品は、新しい生活様式を快適なものにするための一助となる。 (稲垣遥謹)
 マスクフレームはマスク装着時にマスクの内部に着けることで、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧