本文へ移動

県が自転車ヘルメット購入補助へ 児童、生徒、高齢者が対象

2021年1月7日 05時00分 (1月7日 11時33分更新)
 県は、二〇二一年度から市町村と連携して、自転車を利用する児童、生徒と高齢者に対し、ヘルメットの購入費を補助する方針を固めた。早期制定を目指している自転車の安全利用促進に関する条例で、ヘルメット着用の努力義務を課すのに合わせ、利用者のけがの防止に力を入れる。
 関係者によると、対象の児童、生徒は小学一年〜高校三年の七〜十八歳。高齢者は六十五歳以上を想定している。
 市町村が上限を二千円として購入費の半額を補助し、県は市町村が負担する金額の半分を、上限を千円として補助する仕組み。四千円のヘルメットを購入した場合、市町村が二千円を補助し、そのうちの千円を県が補助することになる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報