本文へ移動

「やるからには開幕1軍」中日4位・福島章太投手が尊敬する竜の“エース”「全てにおいて優れている」

2020年10月27日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日からドラフト4位指名を受けて笑顔を見せる倉敷工・福島章太投手

中日からドラフト4位指名を受けて笑顔を見せる倉敷工・福島章太投手

◇26日 プロ野球ドラフト会議
 自慢の直球で、竜の大黒柱へと登りつめる。倉敷工・福島章太投手は出どころが見えずらいフォームから放たれる直球が魅力。道しるべは日本を代表する2人の左腕だ。中学時代から憧れ、参考にしてきたのが菊池雄星(現マリナーズ)。「菊池選手のような、伸びのある力強い球が投げたい」。指名された中日で真っ先に挙げたのは大野雄だ。「どの球団を見ても、全てにおいて優れている」と、尊敬を口にした。
 高校入学後に本格的に投手に転向し、今夏に最速の147キロをマークするなど伸びしろはまだ十分にある。「どんなバッターに対しても向かっていく気持ちは強い。やるからには開幕1軍を目指したい」。武器とする直球のように力強く一歩を踏み出す。
 ◆福島章太(ふくしま・しょうた)
 ▼生年月日 2002(平成14)年10月24日
 ▼出身 岡山県備前市
 ▼球歴 瀬戸内ボーイズ
 ▼球種 カーブ、スライダー、カットボール、フォーク
 ▼趣味 釣り
 ▼好きな有名人 今田美桜。「かわいいから」
 ▼好きな食べ物 チャーハン
 ▼目標とする選手 マリナーズ・菊池雄星投手。ストレートで押していくタイプが似ているから
 ▼家族 父・一生(43)、母・明子(45)
 ▼自分の性格 負けず嫌いで、何事にも勝ちにこだわる
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ