アザラシの「ソラ」天国へ 日本平動物園が献花台設置

2020年10月18日 05時00分 (10月18日 05時01分更新) 会員限定
来園者の人気を集めていたゴマフアザラシの「ソラ」=日本平動物園提供

来園者の人気を集めていたゴマフアザラシの「ソラ」=日本平動物園提供

  • 来園者の人気を集めていたゴマフアザラシの「ソラ」=日本平動物園提供
 静岡市駿河区の日本平動物園は、雄のゴマフアザラシ「ソラ」が十二日に肺出血で死んだと発表した。動物園はソラをしのび、献花台を二週間ほど設置する。
 ソラは二〇〇五年三月生まれで十五歳。北海道旭川市の旭山動物園から一〇年十二月に来園した。七日ごろから体調を崩していたという。野生の雄の寿命は二十〜二十五年程度とされる。
 ソラの名前は、晴天の日に生まれたのが由来。飼育員から魚をねだったり、優雅に泳いだりする姿が人気を集めていた。
 担当者は「愛らしい見た目と穏やかな性格で、来園者、飼育員からも愛されていた」と話した。 (広田和也)

関連キーワード

PR情報