トップ > 中日新聞しずおか > 静岡地域版 > 地域特集 > 女のティールーム > 記事一覧 > 記事

ここから本文

女のティールーム

大井川マラソン ランナーの迫力に感動

無職 丸山 せつさん(島田市)

書家・画家 重富希公子

写真

 十月三十日にしまだ大井川マラソンが行われました。以前に表通りを通ると、その日が通行止めになるという看板が何カ所も置かれていましたが、気にもしないでいました。当日朝八時半ごろ、友達がマラソンを見に行かないかと誘ってくれたので出掛けました。近隣の人も大勢応援に来ていました。家より八分くらいの所に博物館があり、その近くで太鼓のグループの人たちが太鼓を懸命にたたいて走ってくる人を迎えていて、迫力があって素晴らしかったです。

 先頭の人はさすがベテランとあって、ユニホームに半ズボン姿で勇ましく走っていました。富士山や動物のかぶり物を頭にかぶっている人や、派手な衣装を着た人、背広姿の人と、よくもまあ次から次に走ってきてびっくりしました。友達と私は大きい声で手をたたきながら「頑張ってね」と応援しました。

 握手する人や「ありがとう、頑張るよ」と笑顔で走って行く若い人、疲れた様子で両手に飲み物を持ってゆっくり走って行く人もいました。

 私はこの地域に五十年も住んでいますが、九千人も走ってくるのを見たのは初めてですので感動しました。友達が誘ってくれて良かったと感謝しました。全国の人が島田に来てくれてうれしいことです。都会の人は大井川の自然の風景に感動したと思います。ボランティアの方が二千人も大会を支えてくれたそうで、本当にご苦労さまでした。来年も必ず見に行こうと心に決めました。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索