トップ > 中日新聞しずおか > 静岡地域版 > 地域特集 > しずかるNow > 記事一覧 > 記事

ここから本文

しずかるNow

地酒「小夜の中山」発売 駿河区の鈴木酒店

◆「小夜左文字」をイメージ

パッケージにもこだわった地酒「小夜の中山」をPRする店主の鈴木さん=静岡市駿河区の鈴木酒店で

写真

 掛川市ゆかりの短刀「小夜左文字(さよさもんじ)」をイメージした日本酒「小夜の中山」が十七日、静岡市駿河区の鈴木酒店で発売された。刀剣を「イケメン男子」に擬人化したキャラクターが登場する人気ブラウザーゲームの女性ファンを中心に話題を集めている。

 掛川市を通る旧東海道の峠「小夜の中山」に、小夜左文字にまつわるあだ討ちの伝説が残ることから名付けた。峠の麓にある森本酒造(菊川市)の地酒「小夜衣」を使用。パッケージには伝説に登場する母子の絵をあしらった。刀の由来を書いたカードも同封した。

 鈴木酒店は静岡の地酒と美少女キャラクターを組み合わせた萌酒などを販売するユニークな酒店。店主の鈴木誠さん(40)が「静岡ゆかりの刀を地酒と一緒に紹介したい」と企画した。初日には通販を中心に全国から百本以上の注文があり、鈴木さんによると「購入者の九割が女性」という。一本(七百二十ミリリットル入り)千八百円。初回販売分は二百本で数に限りがある。問い合わせは鈴木酒店=電054(285)1926=へ。

(垣見窓佳)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索