トップ > 中日新聞しずおか > 静岡地域版 > 地域特集 > しずかるNow > 記事一覧 > 記事

ここから本文

しずかるNow

家康くん“奮起”モード 11月にゆるキャラGP 

◆浜松駅の「顔」眉とひげつり上がる

「奮起の表情」に作り替えられたモザイカルチャー=JR浜松駅北口広場で

写真

 浜松市の「顔」が表情を変えた。JR浜松駅北口広場にある市のマスコットキャラクター出世大名家康くんのモザイカルチャー(立体園芸作品)が二十二日、十一月に市内で開かれる「ゆるキャラグランプリ」に向けて「奮起の表情」に作り替えられた。

 市民に親しまれていた穏やかな表情から一変し、眉とひげをつり上げ、口元を引き締めた力強い表情になった。天龍造園建設(東区)が作業を担当した。

 家康くんのモザイカルチャーは四年前に設置して以降、表情を変えたのは今回が初めてになる。市の担当者は「ゆるキャラグランプリに向けて気合を入れていることを市民らに知ってもらいたい」と話した。

 市は二〇〇九年に日本で初めてモザイカルチャーの世界大会を開いてから、「モザイカルチャー発祥の地」としてPRしている。浜松駅北口の家康くんのモザイカルチャーは高さ四メートルで、シロタエギクなど約八千二百株を使っている。

(長崎高大)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索