トップ > 中日新聞しずおか > 静岡地域版 > 地域特集 > しずかるNow > 記事一覧 > 記事

ここから本文

しずかるNow

家康くん「ゆるキャラGP」に意欲

◆11月に浜松で開催

児童たちを前に「ゆるキャラグランプリ」での優勝を宣言した家康くん=4日午前、浜松市中区元城町の元城小で

写真

 浜松市の公式マスコットキャラクター出世大名家康くんが四日、市民の前で全国に約二千体が乱立するとされる「ゆるキャラ」界の天下統一を宣言した。地元開催となる十一月の「ゆるキャラグランプリ」に向けて、家康くんを心から愛する市民による応援体制を整え、準優勝に終わった二年前の雪辱を果たす。

 二年前、優勝を宣言してグランプリに出場し、二位に終わった家康くんは、中区の元城小体育館で開かれたイベントに傷心の様子で登場。集まった元城小の児童や保護者ら約百五十人のファンが「家康くん、頑張って」と声援を送ると、「一生懸命応援してくれる皆さんのために、あきらめずに何度でも立ち上がる。誠心誠意、挑戦するのじゃあ」と奮起。人気投票への二年ぶりの参加を表明し「出場する以上はグランプリ(優勝)を目指す」と宣言した。

 応援団長には家康くんの学校訪問などを担当するNPO法人「出世の街浜松プロジェクト」の秋元健一理事長(52)を指名した。秋元団長は本紙の取材に「各方面の有志に副団長を引き受けてもらったり、小中学校単位で応援団をつくってもらったりすることで、時間をかけて『家康くん愛』を広げたい」と話した。

 家康くんは、航空自衛隊浜松基地の太鼓グループ「龍武太鼓」や、十代の女性四人のダンスユニット「浜松徳川武将隊・葵組」とともに、機敏なダンスや勇壮な太鼓の演舞を披露し、意気込みを体で表現していた。

 グランプリの投票は八月十七日から始まり、決選投票大会は十一月二十一〜二十三日に浜松市西区の渚(なぎさ)園で開かれる。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索