トップ > 中日新聞しずおか > 静岡地域版 > 地域特集 > 三ケ日みかん 革新の軌跡 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

三ケ日みかん 革新の軌跡

非国民<下> 皆伐の危機から救う 

静岡ミカンを皆伐の危機から救ったといわれる高橋郁郎=昭和初期、「柑橘の父高橋郁郎」から

写真

 太平洋戦争の戦況が日ごとに悪化していた一九四三(昭和十八)年秋。県柑橘(かんきつ)試験場(現果樹研究センター、静岡市清水区)の初代場長・高橋郁郎が、着任間もない知事から受けたのは「静岡県下一万町歩にちかい柑橘園を全部、ムギ作に転換せしめる計画を作れ」という「バカげた命令」(静岡県柑橘史)だった。

 とはいっても、国を挙げての食糧増産の一方で、ミカンは不要不急の作物とされた軍国農政の時代である。高橋は一計を案じた。ミカン農家でもあった旧知の代議士に知事の説得工作を依頼する一方、知事の側近の官房主事をサツマイモの試食会にかこつけて清水の柑橘試験場へ招いたのだ。

 静柑連(静岡県柑橘農業協同組合連合会)が五九年に発刊した県柑橘史の中で、その時の様子を高橋自身が語っている。

 用意した最上等のサツマイモを味わう官房主事に、高橋は切々と訴えた。

 静岡県内の柑橘園のほとんどは山腹の斜面の階段畑で、冬になれば日照不足で麦は作れない。ミカンを伐採しても太い根が残り、根株を掘り取るにも多くの労力を要し二、三年は後作もできない。県内主産地の町村が狭い耕地に多くの人口を抱え、生活を維持しているのはミカンのおかげで、皆伐すれば、戦争が終わっても回復に二十年以上はかかる。どうしても伐採せよというなら農家の半分を満州(中国東北部)へでも移住させる計画を立ててもらいたい…。

 試験場の近くには土より石ころの方が多いミカン畑もあった。高橋はあえてそこへ官房主事を案内して言った。「このような土地でもミカンだからこそ相当の収益が得られるが、麦をまいても、まいた種ぐらいしか収穫できず、不毛の原野と化すであろう」と。

 その場の情景がどのようだったかは知るよしもないが、ミカン栽培の実際を知り尽くした高橋の気迫と熱弁に、若い官房主事はただ、あぜんとしていた(同史)という。

 説得が功を奏したか、結局、県内のミカンの伐採は「東海道線の車窓から見える範囲の平坦(たん)地を」ということで収まった。戦後、静岡のミカン生産は復興の足取りがどこより早かったが、和歌山などは皆伐の痛手から大きく出遅れ、大阪は産地が壊滅、ついに復興することがなかった。

 「すごい人なのに威張ったところが少しもなかった。温州ミカンの味は世界一なんだ、特に三ケ日は将来性があると、晩年も会うたびに励ましてくれた」。こう語るのは、柑橘試験場の後輩にあたる元JAみっかび営農部長の清水理(おさむ)(75)=同町福永。戦後も柑橘業界の再編・民主化を主導し、明治以来変わらない米麦偏重の農政を批判し続けたという高橋。「柑橘の父」と呼ばれたその大いなる功績に隠れてか、戦時中に静岡ミカンを崖っぷちの危機から救った秘話を知る人も今は少なくなった。

=敬称略

(編集委員・八木義弘)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索