トップ > 中日新聞しずおか > 地域特集

ここから本文

地域特集

 静岡県内で発生した地震の情報を毎週土曜日に掲載します。

 

 県西部の中学生を対象に、中学校体育連盟主催の全国大会(漕艇を含む)で活躍し優秀な成績を収めた選手とチームに贈り、あすのスポーツ王国・静岡の建設を応援します。ひたむきな思いを紹介します。

 

 日本水泳連盟公認の小学生の水泳全国大会「とびうお杯第33回全国少年少女水泳競技大会」が8月4、5の両日、浜松市西区篠原町の市総合水泳場トビオで2日間にわたり、将来の五輪出場を夢見る小学生スイマーらが、競泳24種目と飛び込みで、熱戦を繰り広げた。

 

 牧之原通信部で妻、3歳の娘と生活する佐野周平記者(35)が自らの子育ての苦労や悩み、喜びを記者の視点を織り交ぜながら、随時紹介します

 

 あなたの家族≠紹介します。自慢のペットのベストショットを大募集。掲載希望は静岡県内の中日新聞販売店までお願いします。

 

 「シズめし!」は島田市在住のコピーライター・天野のりこさんが県内各地のグルメを探訪し、ジモティー(地元民)感覚たっぷりに随時紹介します。また、「グルメモ」は記者が選んだお薦めのお店や気になるお店などを紹介します。

 

 第48回衆院選は2017年10月10日公示、22日に投開票が行われ、県内8小選挙区は自民党が前回選と同じ6議席を獲得し勝利した。公示前に誕生した希望の党は、県内全小選挙区に候補者を擁立するも、比例復活を含めて3議席にとどまった。

 

 川勝県政の2期8年への評価が最大の争点となった県知事選は、2017年6月25日投開票され、無所属現職の川勝平太さん(68)が無所属新人の溝口紀子さん(45)を破り、三選を果たした。

 

 第24回参院選は2016年7月に行われ、静岡選挙区(改選数2)は、自民党現職の岩井茂樹氏が再選、民進党新人の平山佐知子氏が初当選を果たした。今回の参院選から18、19歳も投票できるようになった。新たな有権者たちは初の選挙に、何を考え、どう動いたか。

 

 2015年に行われた第18回統一地方選・静岡県内の選挙結果、ニュースを掲載。浜松市は前回、政令市で初の無投票となったが、今回は8年ぶりに選挙戦が行われた。

 

 記者の名前を冠したこのコーナーでは、毎回別の記者が編集長になって、自分の興味ある対象を、自らの切り口で取材し、編集した記事を紹介します。

 

 静岡県内に暮らす皆さんに向けた、さまざまなお役立ち情報を生活者の視点で紹介します。

 

 中日ドラゴンズに2014年ドラフト1位入団の鈴木翔太投手(浜松市浜北区出身、聖隷クリストファー高卒)。浜松からプロの世界へ挑戦する若き竜戦士に迫った。

 

 アニメやゲーム、ゆるキャラ、模型など、日本が世界に誇るポップカルチャー。静岡県内発の話題を、ネット関連ニュースと合わせて紹介します。

 

 県中部地区の学校の話題や、児童・生徒と地域の人々の交流を紹介した「学校がつなぐ仲間たち」、「NIE最前線 教育に新聞を」はNIEの取り組みなどを紹介します。  

 

 伝統産業の歴史はイノベーション(技術革新)の連続でもある。浜松市北区三ケ日町に近代的栽培技術が根を下ろしてほぼ100年。全国に名だたるミカン王国を築いた「革新の軌跡」をたどる。

 

 新鮮な旬の野菜や果実を味わう。現代人が失いかけたこの"ぜいたく"を暮らしの中に取り戻せないものか−。「野菜ソムリエ」の皆さんに地元産を中心とした身近な野菜・果実の知られざる魅力を紹介してもらいます。

 

 専門家がお茶との関わり方や魅力について紹介します。

 

 県内外の女性からの投稿を紹介します。

 

 遠州地域の主要メーカーが生み出してきた数々のヒット商品。名品につながる人々をたどり、現在に息づく「ものづくり」への思いを探った。

 
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索