トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 西遠女子学園100周年 > 記事

ここから本文

西遠女子学園100周年 忘るるなかれ若き日を

学園の伝統(2) 生活会館教育

西遠の生徒たちの青春のシンボルでもある制服のミニチュア

写真

制服へ変わらぬ愛着

 紺色のセーラー服に鮮やかな黄色のライン−。気品の中に意志の強さを感じさせるその制服は、西遠の生徒たちの青春のシンボル。その愛着の念は、いつの時代も変わらない。

 明治三十九(一九〇六)年。和服にえび茶色のはかまを付けた女学生たちが、意気揚々と真新しい校門をくぐった。大正初期からは、はかまのすそに白線が入ったという。

 大正十二(一九二三)年、学校移転を機に、制服が一新。和服から洋服に靴という大正風のモダンな女学生姿になった。ダブルボタンにベルトが付いた紺色のワンピース。そのバックルには、赤色でSHGと書かれた校章が光った。フェルトの制帽もかぶった。昭和に入ると、ダブルボタンが黒い棒タイになり、ツーピースの制服もあった。

 昭和七(一九三二)年には、初めてセーラー服に。西遠の象徴、黄金色のラインはこの時から。絹の黒いネクタイを付け、その中央に留めた校章のバッジ。その凜(りん)としたスタイルは、女の子たちのあこがれだったという。昭和十八年には、戦争による物資難の影響でネクタイを廃止。代わりにコロンとした二対のくるみボタンになった。戦争中は全国共通の女学生標準服、もんぺなども着用した。

 戦後、再びセーラー服に戻ったが、気品あるくるみボタンは残った。ここに「黄色のラインにくるみボタン」が特徴の、今日の西遠の制服が出来上がった。学園の資料室には、歴代制服のミニチュア十数点が常時展示。長い歴史の中で変化し、受け継がれてきた西遠の“顔”の数々が、少しすましたように誇り高く並ぶ。

 やがて九月。制服姿の西遠の生徒たちが、さわやかな風を運ぶ通学風景が、浜松の街角にまた戻ってくる。

私と西遠 六年(高三)雪組 土井妃奈子さん

 八十年前から西遠の歴史をつづってきた学園誌「友情」。友情編集委員としてその発行に携わった三年間で、私の学園生活はより豊かなものになったと実感しています。校内行事を丹念に取材し、正確な記録を残す責任は重大でしたが、「西遠」を幅広く見つめ一冊の機関誌にすることで百年のバトンをつなぐことができ、また私が西遠に在学していた確かな足跡を残すこともできたと思います。(文中敬称略)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索