トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 西遠女子学園100周年 > 記事

ここから本文

西遠女子学園100周年 忘るるなかれ若き日を

卒業生(11) 深谷 有季乃さん

全日本高校馬術で優勝

 「これだけ馬に打ち込めたのは『西遠』だったから。先生や友だちの理解や応援があったからですね」

 馬好きの母恵美子さんの影響で小学三年から乗馬を始め、西遠に入学したころから本格的に競技を始めた。放課後は毎日、バス、電車、バスと乗り継いで乗馬クラブへ。馬の手入れをしたり、練習したり、暗くなるまで大好きな馬と一緒に過ごした。土日は一日中。朝六時ごろから練習と世話に励んだ。中学三年で「バルバ」、高校三年で「ココニーノ」、二頭の“相棒”に出会う。「バルバもココも大切な友だちです。それ以上に先生かな。私よりもたくさんのことを知っている。大先生です」と笑う。

 高校生の馬術競技の最高峰「全日本高等学校馬術選手権」は、高校二年で準優勝、同三年で優勝。凜(りん)とした美しい騎乗姿勢が目をひいた。「学校行事前で忙しい時にも、練習に向かう私にクラスメートが『今日もバルバ? 頑張ってね』と言ってくれて。みんなが応援してくれて、見守ってくれていた。本当に心強かったですね」

 今春卒業し、四月から磐田若葉乗馬クラブでインストラクターをしながら、馬術の練習を重ねる。まず掲げる目標は、全日本馬場馬術大会でよい成績を残すこと。

 後輩に向けて「勉強プラスアルファ。せっかく六年間あるんだから、自分の好きなことを見つけて、挑戦して。本業の勉強もしっかりと頑張って、両立してほしい」と力を込めた。

    ◆   ◆

 ふかや・ゆきの 高校五十八回。小学三年から乗馬を始め、中学に入ってから本格的に競技を開始。「全日本高等学校馬術選手権」では高校二年で準優勝、同三年で優勝。今年四月から磐田若葉乗馬クラブ(磐田市見付)のインストラクターを務める。

私と西遠 六年(高三)菫組 伊藤美帆さん

 私は今年一月、アメリカにある姉妹校、アニーライトスクールで交換留学生として一カ月間を過ごしました。アメリカで多くの友達や思い出を作り、今まで培ってきた英語力を試し、さらに向上させることができました。この経験で、異文化交流とは、相手の国を知るだけでなく、自分の国の良さを知った上で成り立つものであると感じました。(文中敬称略)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索