トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 掛川西高100周年 > 記事

ここから本文

掛川西高100周年 天守の杜に

第2部 部活動編 掛中スイマー

OBが五輪で「銀」 逸材育てた水泳部

ベルリン五輪の競泳男子400メートル自由形で表彰台に立つ(右から)2位の鵜藤選手、1位のメディカ選手=昭和11年

写真

 「水泳を覚えたのは掛中に入ってから。軽い気持ちで始めた水泳で、まさかオリンピックの銀メダルを取れるなんて」−。昭和十一年のベルリン五輪。競泳男子四百メートル自由形で銀メダル、千五百メートル自由形で銅メダルを獲得した鵜藤俊平(昭10卒待遇)=千葉市花見川区=は当時、立教大の二年生。明治三十九年創部という掛中水泳部からの、すい星のようなデビューだった。

 掛中に県内でも珍しい五十メートルプールができたのが大正十五年。昭和初期の水泳部では、OB監督の戸塚廉平(明38卒、故人)らの下で日没まで厳しい練習が続いたが、「努力家の鵜藤は暗くなっても一人プールに残り、まだ泳ぎ続けていた」と、同級生の町野英三郎(昭10卒)=浜松市天王町=は覚えている。

 「学校から大東町の自宅までは約三十分の道のり。練習を終えた帰り道では、眠りながら自転車をこいでいるといった感じで、気が付いたら自転車ごと田んぼの中へ落ちていた、ということもあった」(鵜藤)

 昭和九年、その鵜藤が県下に知られた中農(現磐田農高)の強豪選手を破り一躍、脚光を浴びる。当時の先輩には早川清(昭9卒)=森町森=、同級生に町野や山下義雄(昭10卒)、柴田真一(同)、後輩には木佐森駿雄(昭11卒)=菊川町本所=、鷲山英教(同)、中野憲一郎(同)、田中勝太郎(昭12卒)ら。掛中に逸材ありと知った立教大が、鵜藤にラブコールを送った。「当時僕は四年生だったが、すぐに立教に入学して二年後のベルリン五輪を目指せというんだ。それには掛中の卒業を待っていては間に合わない、四年で辞めて来いと言われた。悩んだ末の決断だった」

 同十年、卒業まで一年を残して立教に進んだ鵜藤は、周囲の期待にこたえてめきめき実力を付け、五輪最終予選を兼ねた日本選手権の四百メートル、千五百メートル自由形で優勝。ベルリン五輪では四百メートルで強敵メディカ(米国)に敗れたものの堂々の銀メダル、千五百メートルでも銅メダルに輝いた。掛中プールからわずか二年で世界の表彰台へ。「夢のような瞬間」(鵜藤)だった。

 鵜藤が去った後“掛中三羽がらす”と呼ばれた中野、木佐森、鷲山や加茂五郎作(昭15卒)=掛川市城下=らの有力選手が水泳部を支えた。「“レースに負けて流す涙があるなら、練習の時に流せ”を肝に銘じて日々励んだ」(加茂)。「鵜藤選手がいたころから昭和十六年ごろまでが水泳部の全盛期だった」(木佐森)。掛中スイマーが光り輝いた一時代だった。

(文中敬称略)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索