トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 掛川西高100周年 > 記事

ここから本文

掛川西高100周年 天守の杜に

第2部 部活動編 野球部OBの活躍

「負けない」根性身に 大学、社会人に人材

 野球部OBの中には、卒業後も野球を続け、プロをはじめ、東京六大学や社会人の都市対抗野球などで活躍した選手も多い。

 戦前では、プロ野球の名古屋軍に入団した天野竹一(昭12卒、故人)や村松幸雄(昭13卒、同)。東大に進学し、戦後復活した第一回東京六大学野球ではエースで四番を打ち、チームを二位に導いた山崎諭(昭13卒、同)など。

 昭和二十年代は、荒川宗一(昭19卒)=千葉市中央区、岡本教平(昭26卒、故人)。荒川は早大に進学後、二年から主軸として活躍し、在学中は春秋春の三連覇をはじめ五回も優勝を経験。卒業後は大昭和製紙に入り、社会人選抜全日本メンバーにも選ばれた。

 岡本は社会人野球を経て昭和三十年、プロ野球の近鉄に入団。退団後は河合楽器に在籍し、その間、大昭和製紙の補強選手として都市対抗にも出場した。

 この春まで帝京大の野球部監督で現在、日本学生野球協会評議員を務める荒川は「掛西野球では“負けない、負けてたまるか”という根性を教わり、その後の野球人生で大いにプラスになった」と話す。

 三十年代に入ると、横山政之(昭30卒)=掛川市下俣南、中田耕平(昭32卒、故人)、後藤晃吾(昭33卒)=東京都、片桐鉄也(昭36卒)=浜北市上島、神谷恒雄(昭36卒)=東京都=らがいる。

 捕手の横山は専修大四年の春に五割七分一厘の高打率で東都リーグの首位打者を獲得。「打席数が少なかっただけ」と謙そんするが、中学(掛川東)からスラッガーとして県内外に知られた選手だった。外野手の中田は日本軽金属時代に大昭和製紙の補強選手として都市対抗に出場した。後藤は明大に進学し、三年春にはエースとして優勝。その後、八幡製鉄(現・新日鉄)に入り連続十年、都市対抗野球に出場し、ノンプロ三賞の一つ小野賞などを受賞している。

 亜細亜大に進んだ片桐は一年から二塁手として活躍。二年秋には首位打者となった。卒業後は日本楽器に入り、昭和四十二年に都市対抗に出場。四十九年から二年間は助監督も務めた。「掛西では野球技術とともに心を鍛えた。文字通り精神野球と実感した」(片桐)。立大に進んだ神谷は、神宮で活躍後、片桐と同様に日本楽器でプレーした。

 二十六年ぶりに甲子園出場を果たした昭和三十九年当時のナインからは、鈴木憲行(昭40卒)=四日市、戸塚能之(同)=川崎市、川島富雄(昭41卒)=天竜市二俣町、NTT西日本浜松支店長、広岡伸男(昭42卒)=掛川市細田、柴田修志(同)=豊橋市。

 鈴木はカネボウから日本生命へ移り、通算十年間、都市対抗野球に出場。戸塚は早大に進学し、四年の春に六大学の打撃ベスト3となり、オールジャパンのメンバーにも選出された。

 捕手の川島、投手の広岡は電電関東(現NTT)に進み都市対抗に出場。何度もバッテリーを組んだ。川島は現在、NTT西日本の浜松支店長。柴田は愛工大に進み、四年秋にはリーグ制覇。卒業後は電電東海に在籍したが、三菱重工の補強選手として都市対抗野球に出場した。

 日本プロフェッショナル野球組織のコミッショナー事務局の中山司朗(昭27卒)=東京都=は「自分自身が鍛えられ、社会に出ても大いに役立った。最近はチームプレーと盛んに言われるが、決して仲良しクラブではいけない。正選手はその位置をキープするための、補欠選手はポジションを奪う努力を」と後輩にエールを送る。

(文中敬称略)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索