トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 掛川西高100周年 > 記事

ここから本文

掛川西高100周年 天守の杜に

第2部 部活動編 死闘、延長18回

守り抜き再試合に 勝って2回戦に進出

入場行進する掛西ナイン=昭和39年、甲子園球場で

写真

 点を与えなければ負けない−。この小宮一夫元監督の教えは、戦後も掛西野球部に受け継がれた。それを最も印象付けたのは、東京オリンピックが開かれた昭和三十九年の夏の甲子園大会。一回戦で熊本代表の八代東と戦った掛西は、守りに守り抜き、0−0のまま延長18回引き分け、翌日再試合となった。

 「すり鉢状の甲子園は蒸し暑く、夢遊病者のように投げ続けた」と、二年生ながらエースを務めた山崎道夫(昭40卒)=浜松市高林、会社員。「一番印象に残っているのは、ベンチに戻ってくるたびに監督が笑顔で出迎え、冷やしたタオルを差し出してくれたこと。最高でした」と当時を思い出す。

 監督は菅沼安規男(昭24卒)。掛西卒業後、ノンプロ(東芝富士)で投手として活躍し、都市対抗野球にも出場した。昭和三十九年、家業の酒店を継ぐため掛川に戻ったところ、当時の校長や後援会長らに監督就任を請われ“打倒・静岡商”を掲げて昼は家業の酒販売、夕方は監督業と二足のわらじを履きながら、選手と汗を流した。

 「酒店のエプロンをしながら静高、浜商などの練習も見に行ったが、強いチームはバックネットなどに後援会の会員やOBらが詰め掛けているためか、元気がありスマートだった」と菅沼。学校に戻り、見物人のいないグラウンドで「一生懸命、練習しておれたちも注目を集めよう」とナインに檄(げき)を飛ばした。

 就任後の菅沼はコンバートに取り組み、選手にもどうしたら強いチームになるかを考えさせ、書面で提出させた。「記憶に残っているのは当時、まだ一年生だった山崎。いきなり『エースにさせろ』と書いてきました」。練習では監督が自ら打撃投手を務め、一日二百球近く投げ込んだ。「結果がこれです」と、無惨に曲がった右ひじは痛々しいが、その表情に後悔はない。

 森町で生花業を営む伊藤克己(昭39卒)は菅沼を「物静かだった分、各選手が(あうんの呼吸で)監督が次に何を求めているかを知っていた。チームワークはよかったが、ポジション争いはし烈だった」と振り返る。

 延長18回を戦った掛西のスコアは、60打席9安打、奪三振9、四死球5、犠打1、盗塁1。翌日の再試合では初回に2点を先制されたが、その裏に逆転。6−2で見事二回戦にコマを進めた。二回戦は四番打者にのちの広島カープの“鉄人”衣笠祥雄を擁する平安(京都)。一度はリードしたが逆転され、3−5で惜敗した。

 マネジャーだった中村十三夫(昭39卒)=掛川市倉真、NTT・ME東海細江営業所長=は「開幕第一試合の大観衆が見守る中、選手は緊張しながら無我夢中だった。再試合が決まった後は『甲子園でもう一試合できる』と喜んでいた。翌日は先取点を奪われたが、掛西らしい野球が思う存分にできた」と当時を思い出す。

(文中敬称略)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索