トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 引佐高校100周年  いなさの丘に > 記事

ここから本文

引佐高校100周年  いなさの丘に

第1部 歩み(1) 序章 明治35年に産声

写真

 日本が近代国家を目指す最中の明治三十五(一九〇二)年、引佐町金指に人材育成の拠点、「組合立引佐農学校」が産声をあげた。現在の引佐高校の前身である。厳しさの中にも自由かっ達な校風に支えられ、多くの人材を輩出した。今年は開校以来、百周年という大きな節目を迎える。

 卒業生たちは農業の担い手、地域産業のけん引役として活躍。「遠州に引佐高あり」を印象づけた。今も「質実剛健」、「勤労愛好」の校訓は脈々と受け継がれ、後輩たちは農・工・商業の分野で指導者を目指して勉学にいそしむ。

 創立百周年という記念の年を祝うため、同窓会を中心に2月10日に同窓生の集い、11月16日には同校で記念式典を挙行する。

(文中敬称略)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索