トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜松市立高100周年 心に誠・愛・節 > 記事

ここから本文

浜松市立高100周年 心に誠・愛・節

校史(1) 時代が求めた“良妻賢母”

写真

 中央の矢勝安定校長のカイゼルひげが時代を物語る。第一回の卒業記念写真。その左右、後ろに連なる恩師、乙女らの誇らしげな顔、顔、顔…。

   ×  ×

 近代産業が勃興(ぼっこう)しつつあった明治後期。尋常小学校−中学校−高等学校−大学というエリートコースが既に確立し、官界・実業界に新しい中産階級を続々送り出していた。しかし、その道は男子に限られ、女子には中学校以降の門戸は閉ざされていた。

 女子教育への関心が高まり、明治三十二年、高等女学校令が制定される。高等女学校は「中人以上の生活に必須なる学術技芸を知得せしめんことを要す」(樺山資紀文部大臣)ことが目的。時代は、新しい教養を身に付け、エリートの伴りょとなる女性の出現を求めていた。

 明治三十三年十二月、浜松町会議員協議会で女子中等教育の施設設置案が議決された。その八日後、当時の中村忠七・浜松町長が高女設置認可を時の松田正久文相に出願する。

 自身も四人の娘がいた中村町長の熱意は並大抵ではなかったろう。

 当時、県内には、静岡の師範学校女子部、ミッションスクール以外に女子の中等教育機関はない。浜松の動きと競うように、沼津も三島も高女設置を目指していた。翌三十四年三月、県浜松高等女学校設置が決まる。当時の校長の月給が五十円で、県補助金は五百円しか出ず、年間の校長給与にも達しなかった。にもかかわらず、熱心な浜松町の設置運動は、遠州地域初めての高女への大きな期待を裏付ける。

 四月二十二日、晴れの始業式を浜松町元城字城内(現元城町)の浜松幼稚園舎で挙行した。幼稚園を移転させてまでのあわただしいスタートだった。

 開校時の入学者は、一年三十七人、二年五十人、三年三十七人の計百二十四人。高女一回卒業生には、日本女子大に進学し、詩人高村光太郎の妻智恵子と親しかった村越いとさん(故人)、中村町長の長女・とよ子さん(同)ら遠州の名家から女学生がそろった。

 中村町長の四人の娘は、みな同校に進学する。それぞれ警視総監夫人、浜松大映など企業重役夫人となる。エリートを陰で支える役目を十二分に達成し、父の願いを果たしたと言うべきか。

 片田聖子さん=高3回卒、浜松市蜆塚=は「かつては、一日中校庭にござを敷き、息子の嫁探しをする富豪夫婦の姿も見られたそうです。学校への問い合わせも多かったみたい」と、代々の先輩から伝え聞いた話を紹介する。現役三年生の倉島和美さんは、こんな百年前の思惑、出来事を知らない。でも“良妻賢母”への思いはしっかり胸に。「家族も社会も支えられる大人になりたい」 

(文中敬称略)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索