トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜松短大(現浜松学院大短大部)50周年 半世紀を語る > 記事

ここから本文

浜松短大(現浜松学院大短大部)50周年 半世紀を語る

杉山 昌也さん 幼児教育科2部 平成13年卒 男性教諭の必要性高めたい

実習で園児らに囲まれる杉山さん

写真

 私は高校を卒業して一般企業に就職しました。しかし、三年働いて夢を捨てきれず、それから仕事を続けながら幼児教育科の第二部に進学しました。

 浜短入学前は、女性中心の社会の中で本当にやっていけるのかとても不安でした。しかし、入学してみたら私の学年は男性が十人もいて入学前の不安はなくなりました。また、子どもに対する同じ気持ちや先生になりたいという夢を持った人たちの集まりでしたので、充実した二年間を過ごせました。

 しかし、仕事と勉強の両立は過酷なもので自分で言うのもおかしいのですが「頑張ったな」と思います。これも一緒に頑張る友達がいたからだと思います。そして今でも一緒に学んだ浜短の仲間と連絡を取り続け子どものことや人生のことなどの話ができ、良い仲間ができたことをうれしく思います。

 卒業後は地元の幼稚園に就職することができました。まだ半人前ですが、これから日々努力し、男性教諭の必要性を高めていきたいと思います。園ではほかでは味わえない責任感が必要ですし、日々成長する子どもの姿に感銘を受けることもあります。

 浜短で学んだことは幼稚園教諭としてだけではなく、日常生活でも生かされることが多くあります。浜短を卒業したことは私の誇りです。

[メモ] 浜松短期大学の創立50周年記念式典は23日、浜松市のアクトシティ浜松で開かれる。式典のほか、ピアニスト仲道郁代さんを招いた記念演奏会もある。

(文中敬称略)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索