トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜松短大(現浜松学院大短大部)50周年 半世紀を語る > 記事

ここから本文

浜松短大(現浜松学院大短大部)50周年 半世紀を語る

小杉 友恵さん 幼児教育科 平成11年卒 舞台の上で熱く燃えた

表現活動発表会で演じた「となりのトトロ」

写真

 幼稚園バスの送迎で母校の前を通ります。浜短生であろう女の子たちを見掛けると、在学中のころを思い出します。制服ではなく、それぞれ個性的なファッションで毎日がウキウキで、一生の財産となった大切な友との出会いもありました。

 私の選んだゼミでは、二年間のまとめとして「となりのトトロ」を演じました。高校の時に演劇部だった私は「舞台に立てる!」と一人気合十分。ゼミの仲間は「何でそんなにオーバーなの?」と感じていたかもしれません…。しかし、そんなゼミ仲間も練習を重ねていくうちに恥じらいを捨て、自分を捨て、はじけて全開。トトロ、メイ、父さん、まっくろくろすけなど、私たちの「トトロ」が出来上がったのです。

 その時の客席からの拍手や笑い声、そして友達からの花束の贈り物。舞台上で思わず涙があふれ出しました。この時のビデオは大切な宝物の一つになっています。熱く燃えた青春の一こまでした。

 今は、毎日かわいい園児たちに囲まれながら幼稚園教諭として三年目を迎えています。幼児教育の学舎で教えていただいたことを自分の色に変え、諸先生方に導かれながら、これからも大好きな子どもたちと向き合い、ともに成長していきたいと思います。

[メモ] 表現活動研究発表会は年度末に開かれ、表現系ゼミやクラブなどが、一年間の取り組みの集大成を舞台で披露する。

(文中敬称略)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索