トップ > 静岡 > 高校・大学周年特集 > 浜松短大(現浜松学院大短大部)50周年 半世紀を語る > 記事

ここから本文

浜松短大(現浜松学院大短大部)50周年 半世紀を語る

落合 あつ子さん 幼児教育科 昭和44年卒 鼓隊クラブ 心の財産

昭和43年、浜松市内をパレードする鼓隊クラブ

写真

 浜松短期大学の創立五十周年を心よりお祝い申し上げます。社会に貢献する専門的能力と、他と共生できる道徳的能力を兼ね備えた人材の育成を目指し、五十年という歴史の中で新しい時代の要請にこたえる教育設備が完備され、学生の皆さんが主体的に学び、地域社会に根差した幅広い活躍を見せる浜松短期大学の充実を感じます。

 私は「将来は幼稚園の先生に!」という夢に向かってまい進し始めたころ、浜松短期大学に幼児教育科が開設され、第一部に一期生として一九六七(昭和四十二)年に入学。二年間の学生生活の後、あこがれの幼稚園教諭として蜆塚幼稚園(浜松市)に就職し、現在に至っております。

 在学当時は、幼児教育科は一クラスのみでした。明確な進路への夢を持った仲間たちが集い、先生方もスタートラインに立った私たちのために、大変熱心なご指導をいただき、私たちもその情熱に沿えるように真剣に取り組みました。その甲斐あって全員がそれぞれの希望に満ちた幼児教育の道に進むことができました。

 また、「音楽の町はままつ」にふさわしい活動を、と結成した鼓隊クラブの経験は、職場においても生かすことができ、今も私の心の中の財産の一つです。

[メモ] 幼児教育科は一九六七(昭和四十二)年、一、二部同時に開設された。現在、卒業生の95%以上が幼稚園、保育園などで活躍する。

(文中敬称略)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索